要請活動

 

平成27年3月23日に、区部周辺部における環状公共交通の実現に向けて取り組んでいるエイトライナーとメトロセブンの両促進協議会は、平成27年度に予定されている交通政策審議会の次期答申において、区部周辺部環状公共交通が明確に位置づけられるように、協議会加盟の9区長連名で要望書を太田昭宏国土交通大臣と舛添要一東京都知事に提出しました。

 

国土交通大臣に要望書を提出

 国土交通大臣あて要望書(PDF:916KB)

 

国土交通大臣に要望書を提出の様子

 

東京都知事に要望書を提出

 

 東京都知事あて要望書(PDF:917KB)

 

東京都知事に要望書をを提出の様子

 

交通政策審議会答申第198号(平成28年4月20日)

 

国の諮問機関である交通政策審議会は、平成28年4月20日、概ね15年後(2030年(平成42年))を目標年次とした「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」を、国土交通大臣に答申しました。エイトライナーは、メトロセブン(環七高速鉄道)とともに、「区部周辺部環状公共交通の新設」として、「東京圏の都市鉄道が目指すべき姿」を実現する上で意義あるプロジェクトの24路線のうちの1路線に位置づけられました。
なお羽田空港へは、既存の鉄道及び、今回答申された新空港線(新設)へ接続していきます。

 

【区部周辺部環状公共交通の新設】

 

葛西臨海公園〜赤羽〜田園調布

エイトライナー 路線図

(国土交通省HP「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」より)

【意義】

  • 環状七・八号線沿線地域間相互の環状方向のアクセス利便性の向上を期待。

【課題】

  • 事業性に課題があるため、関係地方公共団体において、事業計画について十分な検討が行われることを期待。
  • また、高額な事業費が課題となると考えられることから、需要等も見極めつつ中量軌道等の導入や整備効果の高い区間の優先整備など整備方策について、検討が行われることを期待。

 

主な活動経過

 

昭和61年5月 大田区・世田谷区・杉並区により「新交通システム等研究会」を設立
昭和63年4月 練馬区「新交通システム等研究会」に参画
平成2年4月 板橋区「新交通システム等研究会」に参画
平成3年4月 北区「新交通システム等研究会」に参画
平成5年10月 これまでの成果を取りまとめ、「エイトライナー構想」を発表
平成6年5月 「エイトライナー促進協議会」を関係6区で設立
平成9年4月 メトロセブン促進協議会と「連携」を宣言
平成12年1月 運輸政策審議会答申第18号おいて「今後整備について検討すべき路線」として位置付けられる
平成12年8月 「区部周辺部環状公共交通都区連絡会」を、東京都及びエイトライナー・メトロセブン関係9区で設立
平成13年〜 都区連絡会において「区部周辺部環状公共交通」についての調査を実施
平成28年4月 交通政策審議会答申第198号において「地域の成長に応じた鉄道ネットワークの充実に資するプロジェクト」として位置付けられる

エイトライナー促進協議会

 

事務局
  世田谷区道路・交通政策部交通政策課  
  〒154−8504
東京都世田谷区世田谷4−21−27
TEL.5432−2544 FAX.5432−3067
 
各区連絡先 ……
  北区 土木部土木政策課 TEL.3908−9238 FAX.3908−4042
  板橋区 都市整備部都市計画課 TEL.3579−2548 FAX.3579−5436
  練馬区 都市整備部交通企画課 TEL.5984−1274 FAX.5984−1226
  杉並区 都市整備部管理課 TEL.5307−0793 FAX.5307−0689
  大田区 まちづくり推進部
都市計画課
TEL.5744−1303 FAX.5744−1530

 

http://www.8liner-kyogikai.jp/